体重に悩む男性と薬
  • ホーム
  • 40代になると痩せにくい体質になってしまう

40代になると痩せにくい体質になってしまう

40代になると痩せにくい体質になるというのは本当でしょうか。
個人差はかなりあるとしても、おおむねそれは事実であると言って良いでしょう。
中には、若い頃はいくら食べても、なにを食べても太らなかったという痩せ型体質の人が、40代になったとたん急激に体重が増加するということもあります。
メタボリックシンドロームと指摘されるのもこの頃からです。

そうなってしまう理由は、大抵の場合二つあります。
ひとつは運動をする機会が減ってくること、もうひとつは筋力が衰えてくること、です。
この二つの理由により、基礎代謝効率が落ちて来て、食べたものがそのまま身についてしまうようになるからです。

40代にもなれば、企業の中でも責任のある仕事を任されるようになります。
つまり生活の中に占める仕事の比率が非常に高くなり、ほかのことに時間を割くのが難しくなります。
この年代で筋力が低下し始めても、あえて筋力トレーニングをするなどの前向きな人が少ない事実が指摘されます。

また人によっては接待などで飲酒の機会も増えることでしょう。
遅い時間までお酒を飲んだり食事をしていたりしたら、やはり太りやすくなってしまいます。
そういう生活を送る人の中には、朝食はほとんど摂らず、昼食も軽くしているので、トータルでのカロリー摂取量はむしろ少ないこともあるでしょう。
しかしだからといって太らないとは限らず、むしろ太ってしまうことすらあるのです。

朝食や昼食を多めに食べたとしても、日中の活動でカロリーが代謝されることはあっても、夜は飲み食いしてもあとは寝るだけですので、ほとんど代謝されることがありません。
そのため摂取したカロリーがそのまま身についてしまうということです。
極めて基礎代謝効率が悪いのです。
そのためメタボリックシンドロームを気にして朝食や昼食を減らしても、ほとんど意味はありません。
それよりはむしろ、1日のカロリー摂取量の半分を朝食で、三割を昼食で、残り二割を夕食で、と工夫した方が太りにくいと考えられます。

40代になって急激に太ってしまった人、そうなりそうな気配が感じられる人、そうなりたくない人は、どのようにすればよいのでしょうか。
答えはひとつしかありません。
適切な方法でダイエットをすることです。
そうすれば健康診断でもメタボリックシンドロームの指摘を受けることはありませんし、各種の数値も良好なものになるはずです。

40代からでもできるダイエット方法は?

ダイエットの一番の問題は続かないということでしょう。
まずは意識改革が必要です。
それには精肉店で肉の塊を見るのも良い方法です。

例えば1kgの肉の大きさがどれほどか見て来て下さい。
意外に大きく見えるのではないでしょうか。
そして赤身肉であればともかく、脂肪の塊だとしたらどうでしょうか。

あなたが過体重であるとしたら、過体重1kgあたりその白い塊ひとつが体内にあるのです。
それが内臓に付着して、正常な運動を妨げていると連想したら。
健康上の不安を感じることでしょう。

こうした不安を払拭するためにも正しいダイエットをしましょう。
まずは理想体重を知ることです。
大雑把には、身長マイナス110が指標となります。

もしあなたの身長が160cmなら理想体重は50kgです。
そして50kgの体重を維持するための1日の総摂取カロリーを計算します。
そしてそのカロリーを食事回数に振り分けます。

なお食事は3回が良いとは限りません。
できれば5回に増やして、1回あたりの分量を少なくします。
そうすると胃も小さくなり、過食できなくなるはずです。

続いて有酸素運動です。
毎朝食事前に30分だけ散歩をしてみましょう。
身体を動かすだけの軽い運動で大丈夫です。

食事前であれば代謝すべきカロリーは胃の中にはなく、体脂肪が燃焼されます。
こうして余分な脂肪は徐々に無くなって行きます。

そして夕食後には筋トレを行ないます。
初心者向けの教材を1冊購入して取り組めば十分です。
別に筋骨隆々とまでいかなくとも、日常の動作がきびきびとする程度の筋力で十分です。
こうして筋力がつけば、基礎代謝が上がり、太りにくい体質になっていきます。